« 古 | トップページ | 馬と鹿 »

お引越しも済んで少し落ち着いた頃

幼馴染から「新居祝いに何か欲しいものある?」と尋ねられ

厚かましくも

「俎板か擂り鉢か卸し金」と答えたのである

そして先日それは届けられた

Pict1266  

Pict1269_2

京都の老舗、有次の卸し金だった

可愛いキッチンツールも好きだけど

最近は台所道具と呼ぶに相応しいものにも惹かれつつある

まさしく欲しかったものだと膝を打ち

いつものことながら幼馴染の贈り物のセンスに

ううーんと感嘆と喜びの声を漏らしてしまうのだ

しかし見れば見る程

シンプルで機能的

そして熟練の職人さんの手によって余計なものを全て削ぎ落とされ

磨き貫かれた美しさが宿っている

これを頂いてからというもの

何を見ても

卸せるのか、もしくは擂れるのかどうかを考えている私である

名入れしてもらったちりれんげに続き

Pict1276

二つ目の有次

大切に大切に使わせて頂こうと道具を前に謙虚な気持ちになる

長引く残暑

毎朝申し合わせたように寄り添って咲く朝顔だけが

一抹の涼を感じさせてくれる

Pict1264

そろそろ日中の夏の暑さよ

いい加減にしてくれないだろうか

雷雲と共にやってくる突然の夕立は

熱を纏ったような毎日を

消火するように一気に沈静化してくれる

そして一時的に熱が下がったご褒美みたいに

Pict1275

空に綺麗な虹を架けるのだ。

|
|

« 古 | トップページ | 馬と鹿 »

一喜」カテゴリの記事

コメント

素敵なちりれんげ。少しづつ『わたし達の住む家』が、これから積み重なるんだね。益々の幸福を祈るよ。

投稿: あやせ | 2010/08/30 15:59

やっと初コメ出来ました。

料理道具って女の子にとって特別だよね。
素敵なプレゼントで羨ましい。

投稿: アトマツ | 2010/08/30 17:07

>あやせ様

早速にコメントどうも有難う!

何でも大切なのは単調な積み重ねなのかもしれへんね。
精進していくよ。
私もあやせちゃんの幸福を祈ってるよ。

投稿: 水玉 | 2010/08/30 19:46

>アトマツ様

ようこそ、アトマツさん。
コメント有難うございます。

この美しい台所道具達に見合うお料理を作れるようになりたいと思います。
くれぐれも宝の持ち腐れにならないように。

投稿: 水玉 | 2010/08/30 19:49

同じ虹をわたしも見たよ!
でも雲に隠れていて実際は虹の影だったんだけど。
空ってやっぱり繋がってるんだ!

そらいろの朝顔
うちのも咲いてたー◎
咲かないでおわるかと思っていたから
感動もひとしおだった;;

卸し金の贈り物
素敵だなぁ
老舗のものはなんともいえない
輝きがあるね。

投稿: ringoen* | 2010/08/31 14:12

>ringoen*様

同じ虹を見てたって嬉しいね。
私の見たのは虹の始まりやろうか。それとも終わり?

朝顔も咲く環境は違えど同じ朝顔なんやもんなぁ。
不思議。そして感動。

やはり長く愛されているものは、使ってみることで初めて分かることもあるんやなーって思う。
それが老舗のものであろうとなかろうと。

投稿: 水玉 | 2010/09/05 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古 | トップページ | 馬と鹿 »