« 馬と鹿 | トップページ | 余韻余波 »

「一晩中、電車見てるかもしれん」そう豪語していた旦那ちゃんは

変な体勢でベッドの下の方で丸まって23時半には眠りに落ち

それは予想通りで笑ってしまう程で

枕が変わると寝付きが悪い私は

今日一日を最初から一つずつ丁寧に思い返し

起こさぬよう何度と無く小さく寝返りを打ちながら

夜と朝にはっきりとした境目など無く

夜は永遠みたいに永いものなのだと今更にして知る

ゆっくりと空が白み始め

少しだけうとうと出来たような気がして

目を瞑っているだけでも疲れは取れるものなのだと身をもって実感する

名古屋二日目

ビュッフェで朝食を済ませ

ホテル内のお花屋さんで虹色の薔薇を見付け硝子越しに指をさすと

Pict1358a

「一本買ってあげようか?」そう旦那ちゃんは言ってくれたけれど

手にした途端に色褪せてしまいそうで

本物は見てるだけで十分だと思った

チェックアウトをした後

荷物を預けて

名鉄百貨店前のナナちゃんの長い脚の間を潜り抜け

Pict1380

バスに揺られて名古屋港水族館へ

Pict1381

Pict1383

ペンギンの形をした街灯の頭をつるりと撫でて

Pict1382

チケットを購入し中に入った途端

一面、涼しげな青の世界

Pict1386

Pict1388a

Pict1390

Pict1393

Pict1396

汗が急速に引いていく感覚が何とも気持ち良かった

お昼は味噌カツ丼と肉きしめん

Pict1400

Pict1399 

やっとこさ名古屋らしいものを口にした

駅の案内所で頂いてきた冊子に載っていて気になった

喫茶千代田へ寄り道

こういう行き当たりばったり加減を楽しみながら

からんとドアベルが乾いた音を立て

常連さんらしき方達から少し離れた席に腰を下ろす

Pict1404

Pict1412

Pict1407

Pict1408

古めかしい黒いソファはゆるゆると沈み込み

少し懐かしい匂いがして

照明が薄暗く水族館で見た深海にいるような気持ちになる

旦那ちゃんはアイス珈琲、私は和三盆のグリーンティで静かに喉を潤した

Pict1413

Pict1414

バスと地下鉄を乗り継いで栄で下車し

あいちトリエンナーレ2010開幕中の愛知文化センターのち

オアシス21へ

水の宇宙船にて草間弥生さんの作品に触れる

Pict1416

Pict1419

奇抜なてんとう虫みたいな浮島のオブジェは噴水の水飛沫を浴びてキラキラと艶めく

ずっと出合ったら買おうと思っていたLisa Larsonのキーホルダーをお土産に

この小憎らしい顔には抗えず

つい猫を選んでしまう

バス停でメーグルを待っていると

VELOTAXIのお兄さんが礼儀正しく頭を下げて通り過ぎて行かれる

Pict1334

今回行けなかった名古屋城やノリタケの森、徳川園などを名残惜しく見送りながら

楽しみはまたの機会にとっておこうと二人で話す

名古屋駅に舞い戻り

DEAN & DELUCAでお買い物したり

Pict1441_2

クリスピー・クリーム・ドーナツに立ち寄った頃にはついにカメラの充電も切れ

Pict1294

帰りの高速バスに荷物を積み込み乗り込んだらば

ほっとしたのか一気に肩の力が抜けた

ぐるりと回りを見渡すと

乗客は私達を含めたった5人足らず

帰る間際に急いで買った天むすと手羽先を半分こ

車窓を流れゆく闇に呑まれた風景は見知らぬものに姿を変え

明々とした車内を浮かび上がらせる

暫くすると瞼が重くなってきてやっと私は夜を自分のものにすることが出来た

小さな揺れを感じてふと目を覚ますと

隣でぽっかりと口を開けて寝入っている旦那ちゃんの姿に

えも言われぬ安心感を胸に抱いてこっそりと手を取り

しっかりと握り直しまた瞳を閉じた。

giorni Vol.7 (実用百科) リサ・ラーション作品集 スウェーデンからきた猫と天使たち (P-Vine Books)BABY NUMBER BOOK  Lisa Larson(リサ・ラーソン)Mia 90mm グレー

|
|

« 馬と鹿 | トップページ | 余韻余波 »

外へ」カテゴリの記事

コメント

楽しそうな旅行だね。
しかもいつ見ても写真が素敵。
同じものをとってもこの構図にはならない。さすがだねup

水玉ちゃんも枕が違うと眠れないんだね。
私もよくあるよ。
旦那さんが気持ち良さそうに寝てるのが羨ましいけど、安心もするしね。

投稿: アトマツ | 2010/09/13 13:56

>アトマツ様

有難うございます。
写真褒めてもらえて嬉しい反面、恐縮しつつ照れておりますー。

枕というより、普段と違うところでは気持ちが昂るのかなかなか眠れないんです。
アトマツさんもなんですね。
何処でもどんな状況であってもすぐに眠れる人が羨ましいです。

投稿: 水玉 | 2010/09/13 18:17

お猫さま!
ついに水玉さんのお手元に!!
かわゆい〜!!
実はウチのお店もついにリサさん入れることになるかもしれませんの!
嬉しすぎます!!

草間さんのオブジェ見て見たい〜!!
喫茶店もとてもよさそうですね!!
盛りだくさんな旅行。どれも素敵◎
ますます名古屋、行きたくなりました☆

投稿: ほし | 2010/09/14 02:30

>ほし様

出合ったら買うと言っていたあの時から、ついに名古屋で出合ってしまいました!
特に猫モチーフ好きってわけではないのに、ミアを選んでしまいました。
お友達の描くにゃんこに似てるからかなぁ(笑)

おおお!ついにLisa Larsonのお取扱いを始められるのですか!
置物も実物を初めて目にしましたが、温かみがあってなんとも可愛くて連れて帰りたくなりました。
毎日見ていたら欲しくなりそうですねー。
あ、ご存知かもですが、リンク貼ってるジョルニって雑誌にリサのステッカーが付いてますよ!

まだまだ見足りない遊び足りない後ろ髪引かれる気持ちで名古屋を後にしました。
私もまた行きたいです♪

投稿: 水玉 | 2010/09/14 22:04

いつも水玉さん達ご夫婦は素敵な旅行をされてますねー☆
行き当たりばったりの出逢いも良い旅の思い出、私も好きです。
水色の写真がとっても涼しげ。
今日はこちらはまた夏?っていうくらいに夜も暑いので、
目から涼をいただきました。ありがとう☆

投稿: ソラ | 2010/09/21 22:06

>ソラ様

毎回殆ど全て旦那ちゃんが計画してくれてます。
私は任せっぱなし(笑)
きちきちに詰まったような旅行は苦手だし、適度な行き当たりばったり感にはハプニングが付き物なのですが、思い返してみるとそれが旅行で一番思い出に残っていたりするものなのですよね。
ソラさんご家族はどんな夏休みを過ごされていたんやろう?

蛍光灯モードで撮ると青っぽく写るのでなんとなく夏らしい気がして。
今年の夏はほんまにうんざりする程に長かったですね。
その分秋は短そうで悲しいです。

投稿: 水玉 | 2010/09/25 13:03

うちは近場への旅行の場合は全く計画立てずです、
遠出の時はちらっとどんな所があるかをチェックしていくかなぁ。
でもほぼ行き当たりばったりで(^-^;)
それでもあまり失敗しないから不思議です。
色んなハプニングも思い出ですよね~☆

うちは今年の夏休みは本当に近い所ばかりでした。一泊ずつ。2回に分けて。
親や友達と。
来年は少し足を遠くまでのばしたいなぁ。
ちょっと京都奈良を狙い中(☆Д☆)キラリーン♪

ホワイトバランスによって全然違う写真になりますよねー。
青い写真シリーズ、素敵です☆

投稿: ソラ | 2010/09/25 15:12

>ソラ様

うちと(いうか私と)すごく似てるなぁ。
ガイドブックとかで先に見てしまうのが勿体無いなーって思ってしまうんです。感動が半減してしまうというか。
まあそれは旦那ちゃんがチェックしておいてくれるので言えることなんですが(笑)

そうか、今年から夏のご旅行はチビコちゃんが幼稚園(保育園?)に通園されるようになったから同じ時期じゃなくなったのですね。
ソラさんご家族はいつも沢山の方々と賑やかに過ごしてらっしゃるなぁ。
来年は大好きと仰ってた京都メインでついでに奈良ですかね?(爆)
遷都祭も終わっていつもの穏やかーでのんびりとした奈良となっていることでせう。
どちらも間違いなく恐ろしく蒸し暑いでしょうが。

モードによって全然印象の違う写真になるので楽しいですね。

投稿: 水玉 | 2010/09/28 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬と鹿 | トップページ | 余韻余波 »