« 満月 | トップページ | 現存 »

名残

ちょっと遅めの夏休み

他にいくつか候補地はあったものの

結局いつもお世話になっている温泉へ

もはや親戚のお家にお泊まりに行くかのような気負いの無さ

準備も出発の数時間前にさくさくとこなす

途中車屋さんに寄ってカタログを貰いたいと旦那ちゃんが言うのでNISSANへ

夏休み最後の週末だからか

来店されたお客様には粗品を進呈しているとのことで

花火セットと蒸し器を有難く頂く

何度か休憩をしながら温泉に到着

するも駐車場は満車

すぐ前の渓谷ではご家族連れが賑やかに川遊びやバーベキュー

何度もお世話になっているけれど

こんな状況は初めてなので少々面食らう(失礼)

夏休みなんやなとしみじみとお部屋から眺めていると

横揺れの地震

テレビをつけて確認したところ震度3

急に思い出したように怖くなる

夕食前に温泉へ

露天風呂には息絶えた蝉が一匹浮かんでいる

両手で掬って苔生した岩場に移す

大浴場では無心にヨガに励む女性がおられ

ゆっくりとポーズを変えられる度に

幾度も小さな波が立ち私の体に打ち寄せる

お部屋に戻ってきたらもう外は薄暗くなっていて

窓際に並んで立ち

「めっきり日が短くなったなあ」などと二人でぼそぼそと話す

帆立の酢の物や鱧鍋などを頂きつつ

Pict2129

Pict2131

ここで日本酒などをくいっといけたら格好がつくのだけれど

お酒に弱い私達夫婦は

熱いほうじ茶を飲み干しほほーっと一息つく

女将さんが来て下さり暫し近況報告など

相変わらずお肌は艶やかで笑顔が可愛らしく

何をするにもちゃきちゃきされていて小気味好い

チャッカマンとバケツをお借りして食後の花火に興じる

Pict2133a

久しぶりだったので子供のようにはしゃいでしまう

後で旦那ちゃんが撮ってくれた写真を見たところ

全て口元がだらしなく緩んでいて吹き出してしまう

最後の締めに線香花火をして例の如くしんみり

バケツの水の中の花火の残骸が

夏の名残を反映しているかのようで途端に寂しくなる

もう一度温泉に浸かり眠る

はずがやはり眠れない

眠ったら勿体ないような

明日が来るのが待ち遠しいようなむずむずした気分で

隣で眠る旦那ちゃんのゆるく握られた拳をこじ開けて

自分の掌を滑り込ませた。

|
|

« 満月 | トップページ | 現存 »

外へ」カテゴリの記事

コメント

二人そろって下戸だとそれはそれでいいねhappy01
手持ち花火って私も長くやってない。
恐らく同じくらいはしゃいでしまうやろうな。
あーしばらくぶりにやりたい。

投稿: アトマツ | 2011/09/02 18:18

>アトマツ様

お酒飲まないとご飯時間が短い短い(笑)
ちびちび飲みながらだらだらとご飯が夢です。
雰囲気だけでもと旦那ちゃんはノンアルコールビールを飲んでました。

ちょうど良いタイミングで花火貰ったなーって話してたんですよ。
マンションやと出来ないので。
アトマツさんは素敵な一軒家をお持ちなのでいつでも出来るしいいですね~♪

投稿: 水玉 | 2011/09/02 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月 | トップページ | 現存 »