« 四ツ代 | トップページ | 式当日① »

式前日

十月に入り

すっかり暑さも和らぎ

零れ種から芽を出した遅咲きの朝顔が

今朝も綺麗に咲いてくれています

繁忙期で働き詰めだった旦那ちゃんが
妹の結婚式に合わせて
遅めの夏休みを取ってくれたので
恋人記念日デートin京都
はじまりはじまり
京都駅に着いた途端
彼がkioskでJR時刻表を買おうとするので
荷物になるやん!と全力で阻止
ふー、相変わらずの鉄オタで困ったものだ
バス案内所で市バスの一日乗車券を購入し
頂いた路線図を嬉々として広げる彼
少々混み合う車内で
自分の体全体で私をガードしてくれる彼
その一挙一動が
お付き合いしていた頃と全く変わっていなくて
懐かしさとときめきを感じてしまい少々戸惑う私
を乗せたバスは行く

Pict3302

四条河原町で下車し
ぶらぶら街歩く
マルイでminaのマステを購入し

Pict3441

古本屋さんを覘き
小腹が減ったのでSmart Coffeeでスマートランチ
食後には勿論珈琲をば

Pict3289

Pict329810

台風が近付いていて

だんだんと雲行きが怪しくなってくる
確か天気予報では曇りのち晴れだったはず
自他共に認める嵐を呼ぶ女(妹)から
明日のお天気を気にするメールが届く
鳩居堂で敬老の日のプレゼント探し
またバスに乗り京阪三条で下車し
久方ぶりのまつひろ商店へ
がま口好きなのでテンションが上がる

彼は唐草模様の3.3寸(以前買ったものと全く同じ。ブレない男である。ベルトループに引っ掛ける用に鎖は長めにお願いしていた)
私は枝付きの木の実っぽい柄の同じく3.3寸を購入

Pict3435

レジ横の飴ちゃんを頂いて大喜び
片頬をぷっくりと膨らませ大きな子供のような二人であった
またバス移動
北野天満宮前で下車し
その名の通り北野天満宮へ

Pict3308


昨年異動になってから
新たに覚えることが沢山ありすぎて
記憶力に限界を感じていた彼
必死の形相で拝み倒し
黒光りした御牛様を撫でまくり
御守と御朱印を頂き納得した模様

Pict3313

ああ、そういえば上七軒にもまつひろさんが!
とちらり立寄るも
祖母好みの素敵ながま口に出合ってしまい包んで頂く

陽も傾き始め
そろそろ帰途に…と思いきや
晴明神社に行きたい!と彼が言い出し
すでにお着物姿の店員さんに行き方を聞いている
うまい具合に雨には一度も合わず
曇りがちだったので心地良い風が吹いて
涼しいくらい
徒歩で二十分程度だというのでてくてく行くことに
但し、リミットは十八時!
彼は行き当たりばったりに
適当に歩いているようなのに
大抵の場合すんなりと
目的地に到達するので毎度驚かされる
私は他愛もないことをお喋りしながら
後ろをついて行くだけなので
悲しいかな全くといっていい程
道が覚えられないのだった

勝守と御朱印を手に
パワー漲っている彼を尻目に

Pict3440_3

厄除桃を撫で続ける私
つるっつるなのよな後厄払い
小雨降る中
祖母が好きな桔梗が淑やかに咲いていた

Pict3319
さて、この日最後のお楽しみはホテル(グランドプリンスホテル京都)ステイ

ふかふかのベッドで就寝
枕が変わると眠れないはずの私は
見疲れ歩き疲れたせいか
珍しく早々と眠りの世界へと誘われたのでした

Pict3320

どうか明日は幸せな一日になりますように
と強く願いながら。

|
|

« 四ツ代 | トップページ | 式当日① »

外へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四ツ代 | トップページ | 式当日① »