« 式当日⑤ | トップページ | 芋栗南瓜 »

巣立ち

うかうかしていたら

秋なんてすぐに過ぎ去ってしまう

加湿器と湯たんぽ始めました

Pict0210

十月初旬
旦那ちゃんが
結婚式の写真を
シャッフルプリントにして
サプライズで妹夫婦にプレゼントしてくれた

Pict3383


十月中旬
いつもの温泉を十二分に満喫した帰り
妹夫婦の新居に立寄ることに
 
新婚さんのお家にお邪魔するというのは
姉妹といえども少々照れくさいものだ

 

新婚旅行(スイス、ドイツ、フランス)の写真や動画を見せてもらい
お土産を頂く
彼はスイスのユングフラウ鉄道100周年記念フォトブック(出発前にリクエストしていた)

Pict3428

私はドイツの刺繍ハンカチとLADUREEのギモーヴ
他にもクッキーや紅茶など

Pict3432

Pict3426

 
厚かましくもお昼時にお邪魔したので
外に食べに行こうと提案するも
妹彼が手料理を振舞ってくれると言う
妹とゆっくり喋れるよう気を遣ってくれているんだろうなと
有難くお言葉に甘えることにした
豆乳を加えたふわとろの卵がのっかったオムライス
レタスとトマトのサラダと共に美味しく頂いた

Pict3449

食後のデザートは
黒沢牧場の牛柄ロールケーキとピーチティー
珈琲好きな彼の為に
慣れない手つきで二人がかりで(妹夫婦は殆ど珈琲を飲まないそう)
大仰にドリップしてくれている後姿が可愛かった

Pict3450
「もうそろそろお暇するか」
と彼が言い帰り支度を始めると
妹が少し寂しそうな表情を浮かべたのを見逃さなかった
かくいう私も同じような顔をしていたと思う
駐車場でハグして
またね、元気でねと伝え合った
私達の乗った車が見えなくなるまで
二人が手を振ってくれていて
妹を置き去りにしてしまったような
一緒に連れて帰りたいような気持ちになる
今迄感じたことのない複雑な気持ちに
自分でも戸惑いを隠し切れなかった

Pict3447_2

姉妹として生まれて
同じお家で暮らしたのはほんの短い期間で
これからの人生のほぼ大半を
愛しき他人と共に生きていくことになるのだなと
本当の意味で悟った
それはすごく寂しくて前向きな大発見だった。

|
|

« 式当日⑤ | トップページ | 芋栗南瓜 »

一喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 式当日⑤ | トップページ | 芋栗南瓜 »