« 四つ葉 | トップページ | 冬の標② »

冬の標

明けて随分経ちまして

超スローなすべり出しではありますが

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

Pict3553

さて、ここからは備忘録

遡って昨年の十二月上旬
天気予報の関西地方一帯に
雪だるまマークがお目見えした日
クリスマス旅行と銘打って福井へと赴いた
京都駅のホームは底冷えがして
時折吹き込んでくる雪が
コートの肩先に白く小さな冬のしるしをつけていく
滑り込んできたサンダーバードの車内は暖かで
車窓から見える景色はだんだんとましろになってゆく
持参した塩むすびと目刺しを早々と食し
お新香をぽりりと齧る旦那ちゃんの旅行時のプチ贅沢
それは車内販売のホット珈琲を買うこと
一口貰って啜ると
不思議と非日常なお味がするのだ

Imgp1063

そうこうしているうちに福井駅に到着
えちぜん鉄道に乗り換え
終点三国港駅迄

Imgp1070_2

運転席には彼も愛用している懐中時計が!大興奮!!

Imgp1068

Imgp1073

小腹を満たそうと
駅近くの蟹の坊へ
屋根からぶら下っているどでかい蟹のモニュメントが目印
海の宝石箱みたいな海鮮丼
生まれて初めて雲丹を美味しいと思った

Imgp1078


吹き荒ぶ海風に晒されたバス停からバスに乗り

東尋坊へ

切り立った岸壁に打ち付ける波
飛び散る波飛沫が雪にも似て
鈍色の空は重たい雲に覆われ
強風により遊覧船は運休
断崖絶壁で立ちすくむ私の後方から
火サスのオープニング曲を口ずさみながら
彼がじりじりと近付いてくる
一瞬
突き落とされるかもしれないという恐怖に襲われる
Imgp1084

タワーや塔好きの私としては
東尋坊タワーは外せない
一階の売店で彼にスノードームを買ってもらい

Imgp1106

展望台へ
Imgp1095
お土産物屋さんで竹籠を買い
またバスに乗り込みあわら湯のまち駅で下車
無料送迎バスで旅館へ
フロントでチェックインする際
「ラブラブカップルプランでのご予約ですね?」と確認され
旅行に関しては全て彼任せで何も知らない私は
「ラブラブカップルって!!」と照れを隠す為に
彼の横腹をつんつんしてはへらへらしていた

Imgp1100


浴衣を選んでお部屋へ荷物を置いて温泉へ 

お風呂上りに彼と浴衣で卓球
私の方が彼よりも巧いので
次第にムキなって挑んでくるのが面白くて
勝ち逃げしてやった
夜ご飯はバイキング
特別に(おそらくラブラブカップルプランによる)ケーキとスパークリングワインを頂き
そのまま気持ち良く寝てしまった
下戸に寝酒は大いに有効であった

Imgp1112

二日目に続く。

|
|

« 四つ葉 | トップページ | 冬の標② »

外へ」カテゴリの記事

コメント

暫く更新が無かったので心配していたのだけれど、いつも通りの用で一安心です。

ラブラブカップルプランて凄いなあsign01
最近はこういう恥ずかしい名前の物がしれっとあったりするからなあ。

でも東尋坊での火サスごっこに、浴衣での卓球といい、今年も水玉ちゃん夫婦のラブラブカップルぶりが健在で嬉しい限りです。

2日目の更新も楽しみにしてるね。

投稿: アトマツ | 2013/02/18 16:26

アトマツ様

今年も変わらず宜しくお願い致します!

一旦ネットから遠退いてしまうと、ブログ更新が面倒になってくるんですよね・・・。
ご心配して下さっていたとのこと、申し訳ないけれど嬉しかったです(笑)

ラブラブカップルプランの特典は良かったのですが、直球すぎるネーミングが照れくさかったです。
いい歳した新婚でもない夫婦がラブラブカップルプランって!連呼しないで下さいーって!!(汗)

火サスごっこは実にスリリングでした…。

投稿: 水玉 | 2013/02/21 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四つ葉 | トップページ | 冬の標② »