« 四方山話④ | トップページ | 欠片 »

光に翳すと

きらきらして

氷と見紛う程に涼やかな硝子のお皿

Imgp2037

触れては

冷たくないことに

いちいち驚いてしまう。 

|
|

« 四方山話④ | トップページ | 欠片 »

一喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四方山話④ | トップページ | 欠片 »